今までの3大がん治療法にプラスされたもう1つの治療法とは

がん検診の大切さ

医師とナース

免疫細胞療法とは

がん治療では、今まで利用されていた3つの治療方法では再発の可能性がありました。しかし、免疫細胞療法を取り入れることで、もともと人が持っている免疫力を正常な力に戻せる可能性が期待できるため、その分再発のリスクを減らすことができるようになりました。

副作用のない治療方法

免疫細胞療法は、抗がん剤などで起きてしまうような副作用がありません。今までの治療法を用いてがん細胞を弱め、そこにプラスして免疫療法を用いることで、免疫細胞を強くし、がん細胞を攻撃させてがんを治していくのです。
免疫療法によって免疫の力を高めることで、治療を終えたあとでも発生してしまうがん細胞を排除していくことができるのです。

新着情報

早期発見のために定期的に検診を受けよう

がんは早期発見が大切といわれていますが、女性に身近ながんの中に乳がんがあります。その乳がんには、妊婦さんでも受けることができる検査方法も存在します。乳がん検診には2種類の検査方法があるので、それぞれの特徴を比較してみましょう。

マンモグラフィー検査とエコー検査の特徴を比較

マンモグラフィー検査

乳がん検診で有名な検査方法に、マンモグラフィー検査というものがあります。この検査は、バストを挟んで薄くし、レントゲンを取るという仕組みになっています。しかし、若い方や乳腺が詰まっている方は乳がんがレントゲンに写りにくい場合もあるので、不安な方は他の検査方法も利用してみることをおすすめします。

エコー検査

エコー検査では、超音波を利用した検査を行います。超音波をバスト部分にあて、その跳ね返りで乳がんがあるかないかを見極めるものです。このエコー検査は身体に悪い影響を与えることがないため、妊婦さんでも利用することができます。痛みのない比較的楽な検査になります。

広告募集中