免疫細胞の働き|最先端のがん治療法を検討しよう!免疫細胞療法の優れたポイント|医療.com

がん治療の目的は免疫細胞の働きを復活させること

免疫細胞の働き

病院

免疫細胞の役割について

外から入ってきた身体に害のある菌と戦ってくれる免疫細胞があります。この免疫細胞が私たち人間の身体を守ってくれているのですが、強いストレスや不健康な生活習慣などでこの免疫細胞が弱ってしまうことがあります。この免疫細胞が弱ってしまうと、風邪を引いてしまうだけでなくがんになってしまう可能性も高くなってしまいます。

がんになってしまう仕組みとは

免疫細胞が正常に働いているうちはがん細胞もしっかりと攻撃してくれるのでがんになる確率はとても低いですが、免疫細胞が弱ってきてしまうとがんと対等に戦うことができなくなってしまいます。それによりがん細胞が急増し、がんになってしまうのです。このような状態になると自力ではがん細胞を無くすことができないので、がん治療を開始します。
がん治療には、抗がん剤を用いた治療法や放射線治療、手術などの治療方法があります。このような治療を駆使し、免疫細胞の働きを正常な状態にまで戻せるよう治療を進めていくのです。

がんになりにくい生活を心がける

がんになりやすい人となりにくい人の差は、遺伝的なものもありますが、生活習慣でも差が生まれてきます。
普段、喫煙している方やお酒を飲む料の多い方、栄養バランスの取れていない食生活をおくっている方はがんに対抗してくれる免疫細胞の働きが弱まってしまいます。その他にも運動不足の方やストレスの溜まりやすい生活をおくっている方も免疫の力が弱まりがんのリスクが高まってしまいます。
がんのリスクを下げるためにも、しっかりとバランスの取れた食事を取るように心がけたり、適度に運動し睡眠を充分にとってストレスの溜まりにくい生活習慣を整えるようにしましょう。また、お酒を飲む際もたくさん飲みすぎずに適度な量を心がけるようにしましょう。

広告募集中