乳がん検診のメリット|最先端のがん治療法を検討しよう!免疫細胞療法の優れたポイント|医療.com

事前に準備することを知って乳がん検診をスムーズに進めよう

乳がん検診のメリット

診察

乳がん検診を受ける前に

乳がん検診を受けることで早期発見に繋げることができますが、乳がん検診ではまず問診でご自身の身体のことについて聞かれるので事前に準備しておきましょう。自分の生理周期をメモしておいたり、自覚症状があるのか、家族や親戚に乳がんになった人がいるのか事前に調べておくと良いでしょう。

乳がん検診で受けることのできる検査

乳がん検診では、触診を行う場合もあります。しかし、バストを直接見られたり触られることに抵抗のある方もいるのではないでしょうか。その場合は、触診を行わずに機械を利用した細かい検査を行っている施設を選ぶと良いでしょう。もし視触診で確認を行う場合でも、機械を利用した更に細かい検査を併用することをおすすめします。そうすることで小さな乳がんも見逃さずに見つけることができます。

乳がん検診を受けるメリット

早期発見できる

乳がん検診の最大のメリットは、早期発見ができるということではないでしょうか。乳がんを早い段階で発見することができると、死亡リスクを減らすことができたり、短期間の治療で済む場合もあるからです。

誰でも受けることができる

乳がん検診は誰でも受けることができるというメリットもあります。妊娠中や授乳中は乳がん検診をしても大丈夫なのかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。しかし、乳がん検診は誰でも受けることができます。妊娠中や授乳中の方は、身体に負担をかけずに検査をすることができる超音波検査の利用が向いています。

がんでないという安心感を得る事ができる

自分が乳がんではないかという不安を抱えたまま生活をおくるとストレスになってしまい返ってがんのリスクを高めてしまう場合もあります。そのような不安も定期的に検査をすることで取り払うことができます。定期的な検診は、早期発見にも繋がるのでおすすめです。

医療費削減に貢献できる

重度の乳がん手術を行うとなるとかなりの費用とリスクを要します。しかし、定期的な乳がん検診を行っていれば比較的軽度の乳がんを早く発見することができるので、治療にかかる費用も削減でき、手術によるリスクを減らすことができるのです。

広告募集中